株式会社DHQ(ディエイチキュウ)
  • タキシフォリンについて
  • 学術文献一覧

代表メッセージ

植物フラボノイドのフラバノンであるタキシフォリン(Taxifolin)の普及は、人々の健康寿命を延ばすことに役立つことを確信しています。

シベリアの落葉松から抽出されるタキシフォリンは、近年その薬理効果が注目される植物フラボノイドの一種です。植物は自ら移動できない生物なので、紫外線や病害虫,暑さ、寒さから身を守る化学物質を生成します。それが植物フラボノイドの一種であり、落葉松の場合はタキシフォリンであるわけです。

人間などの動物は、それを食べることで同じ力を得ています。特に人間は加齢によって衰える抗酸化力の補てんのために、抗酸化物質を含む植物を食べているのです。タキシフォリンを私たち日本の研究者が研究してみると、血管の老化や劣化を防ぐ強力な抗酸化力だけでなく抗糖化力もあり、生活習慣病の予防や改善に役立つことが分かってきました。特に中高年の日本人の糖尿病、心臓病、認知症などの血管障害にとって、非常に有益な薬理作用を持っています。

日本は今世界一の長寿国といわれていますが、健康で長生きするのは簡単なことではありません。必要な食事、必要な運動を行い、自分の身体を整える必要があります。万一病気になったら医療にすべてまかせるのではなく、自分で自分の体を守る知恵が必要です。もし血管に問題があればタキシフォリンの利用は大きな朗報でしょう。タキシフォリンで人々の健康に貢献する仕事を皆様とご一緒できることを願っております。

代表取締役 吉岡 禎三

 

タキシフォリン(植物フラボノイドの一種)の効果

血管の老化・劣化を予防

生活習慣病の予防・改善

糖尿病・心臓病などに有益な病理作用

INFORMATION

  • ロシア・アメチス社ホームページ